アフターフォロー-メンテナンスの必要性。点検の時期やポイント。-

いつまでも長く「いい家」に住むために必要なこと。住宅は室内で使う製品等と違い、四季を通して、厳しい気象条件のもと、長期間使われるものです。手入れ次第で寿命は長くも短くもなります。その為には、適切な時期に点検を行い、適切な処置をすることが大事です。

点検の必要性

屋根・外壁・内壁・設備等それぞれの部位、項目ごとに目安になる時期がありますが、工法や仕様、所在地の条件により変わってくることがありますので、注意が必要です。

当社での主な点検箇所は、屋根、外壁、サッシ等の外部造作から、木製建具、壁紙等の内部造作。土台、柱、階段等の主要構造部、設備、給排水、ベランダ等を点検します。

以下の主な項目と点検の時期とポイントは、青森県南と岩手県北にお住まいの方の住宅を対象にした目安ですので、ぜひ参考にしてみてください。


主な項目と点検の時期とポイント

点検部位主な点検項目点検時期の目安更新・取り換えの目安
布基礎・割れ・蟻道・不動沈下
・換気不良
5~6年ごと————
屋根・色あせ・色落ち・さび
・浮き
2~3年ごと3~5年ごとに塗替え
15~20年位で全面葺替えを検討
外壁・汚れ・色あせ・色落ち
・シーリングの劣化
サイディングで3~4年ごと15~20年位で全面補修を検討
土台・床組・腐朽・さび・蟻害
・床のしずみ・軋み
4~5年ごと土台以外は、20~30年位で全面取替えを検討
柱・壁(室内側)
天井・小屋組・階段
・腐朽・破損・蟻害・割れ
・雨漏り・さび・はがれ
・たわみ
10~15年ごと————
内外建具・隙間・開閉不良・腐食
・雨漏り
2~3年ごと【外部】15~30年位で取替えを検討
【内部】10~20年位で取替えを検討
各種整備・水漏れ・腐食・動作不良
・破損
1年ごと各設備ごと検討

お気軽にお問い合わせください

フォームでのお問い合わせはこちら