風土と工法の融合-私たちが住むこの地域の風土とスーパーウォール工法はとっても相性がいい。-

この土地に合った快適な住まいをご提案。この土地に生まれ、この土地で育った工務店だからこそわかる、熟知した風土と工法。それらを見事に融合させ、この土地に合った快適な家をご提案致します。

温度差の少ない大空間~「寒さ」と「暑さ」対策~

スーパーウォール工法住宅は人にやさしい住まい

スーパーウォール工法住宅の優れた保温性は、人にやさしい住まいづくりの基本です。

隙間の多い家ほど空気の出入りが多くなります。冬場、足元だけが冷たい想いをした方も少ないはずです。冷たい空気は足元に降り、温かい空気は上へ移動してしまう為、温度差が発生してしまうのです。

スーパーウォール工法住宅は、最高レベルの気密性能と高断熱性能+換気システムのバランスのよさから頭から足元まで均一な温度を保つことができます。優れた保温性は、家の中は24時間「ポカポカ春の暖かさ」です。しかも、暖房を停止してもすぐに温度低下せず、ほんのり暖か。

また、夏の暑さに対しても、SW工法の家はエアコンの効きがよく、おやすみ前に冷房をオフにしても熱を抑えたさわやかさが朝まで続きます。

スーパーウォール工法で建てられた住宅 一般住宅の部屋の温度差の比較

[左]スーパーウォール工法で建てられた住宅 [右]一般住宅の部屋の上下の温度差の比較

冬の時期に部屋での暖房時に、一般住宅では天井と床部分の温度にムラがあり均一でないのに対して、スーパーウォール工法住宅では頭から足元までの温度がほぼ均一で快適さに違いがはっきりと出ています。

ピーエスの暖房デザインで 活動的な冬を

PS HRヒータには、低い温度の温水が循環しているので、室内全体にやわらかな温か さをつくります。 寒さの厳しい地域でも、PS HRヒータで建物の中は春の気候。 室内どこでも自然なあたたかさなので、暖房していることを忘れてしまうほどです。 「寒さを忘れて冬を楽しむ」、ピーエスは冬も活動的なライフスタイルを実現します。
「ピーエス株式会社」(http://www.ps-group.co.jp)


部屋間の温度差が少ない~「健康」「省エネ」「快適」を実現~

温度差が少ない本当の「健康バリアフリー」の暮らし

冬期の暖かい居間から、不快な温度差のあるトイレ、洗面、浴室(脱衣所)では、温度差によるヒートショックで、体に激しい血圧変動がかかり脳卒中、心筋梗塞などの健康トラブルが発生し、65歳以上の家庭内死亡事故の主な原因になっています。真の快適さを求めるなら、このような問題を解消する「室内温度設計」が重要になります。

スーパーウォール工法の家は部屋から部屋へ移動した際の温度や、天井から床までの上下温度が、ほぼ均一なのでとても快適です。適温室内での勉強や仕事は、間違いが少なく作業効率が向上します。さらには身体へのストレス軽減にも大きく貢献します。

また、計画換気でも「室内空気の質の良さ」はお客様に好評で、シックハウスなしの快適空間を実現します。保温性能と気密性能の相乗効果で、灯油や電気など冷蔵庫によるCO2排出量を56%も削減します。さらには光熱費の削減ができる省エネ性能にも優れ、「オール電化住宅」に最適です。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2009パンフレット。クリックすると拡大します。

クリックすると拡大します。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2009

スーパーウォールの家は、オール電化住宅を対象に、省エネ性能、快適性、安全性等の視点から優秀と認められた住宅などに対し送られる「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2009」において3年連続受賞&優秀企業賞受賞しました。



地震や台風に強い~安心の地震対策~

構造用面材(OSB)に断熱材(発泡ポリウレタン)を組み込み、さらに気密性を高め、耐震性を発揮する高性能パネル。

突然起こる「大地震災害」備えは大丈夫ですか?

スーパーウォールの家は予測のつかない大災害に、家族の生命を守り、地震に強い住まいづくりができます。

阪神大震災(平成7年1月17日午前5時46分発生。震度7・M6.8)や新潟県中越地震(平成16年10月23日午後5時56分発生。震度7・M7.3)など、今までの大地震災害で、スーパーウォール工法で建てられた家は全壊・半壊「0」棟です。 この強度は、国土交通省認定・木造最高壁倍率(壁倍率5倍)×モノコック構造で実現しました。また、設計プランのときに耐震診断ができ、構造躯体の倒壊防止や損傷防止において、住宅性能表示の耐震等級3(最高等級)の家づくりができます。

また、スーパーウォールパネルは公的な防火試験に合格。「防火構造」と「準耐火構造」の大臣認定を取得しています。万が一、地震発生の際に火事になっても、大きな被害になることなく火災の被害を免れることができます。

地震大国ニッポンにふさわしい「スーパーウォールの家」は、高耐震構造で、突然の大災害にもご家族に安心していただけます。

一般住宅とスーパーウォール工法の壁強度の比較

【左】一般住宅【右】スーパーウォール工法の壁強度の比較

一般住宅では柱や筋かいに大きな力が集中してかかるのに対して、高性能スーパーウォールパネルを使用したスーパーウォール工法では壁面が一体となり、力が分散されるので地震に強い。



お気軽にお問い合わせください

フォームでのお問い合わせはこちら