私たちが住まう風土-私たちが住むこの地域の風土と密接に関係する家を工法。

風土を知り、この地に永く住まう。住みたいと思う地域はどんな環境・風土があるでしょうか?雪や潮風、冷害、やませ…。住宅は厳しい環境から私たちを守ってくれます。いつまでも永く住める家であるよう、風土を知るが大切です。

私たちが住む地域と特徴

青森県南・岩手県北の特殊な気候

私たちが住む青森県南から岩手県北は、太平洋側気候に属しており、春から秋にオホーツク海気団より吹く冷たく湿った偏東風(やませ)の影響で、夏の間の寒暖差の大きい地域です。この冷涼・湿潤な風は雲や霧を発生させ、たびたび冷害が発生することがあります。

また、東北地方の冬は雪が降るので温度も上がらず、雪と生活が密接に関わってきますが、この地域は海沿いほど温暖で、北東北にありながら降雪量は少なく乾燥し、晴天が多いため日照時間も長いのが特徴です。

沿岸地域では潮風により家が塩害に遭うこともしばしばあり、住宅の外壁などの素材選びには十分注意が必要です。

このように同じ日本でも温度と湿度、その他自然条件により気候や風土は大きく異なります。それと同じように気候・風土に合った快適な住まいづくりが必要となります。

青森県南・岩手県北の特殊な気候・偏東風(やませ)

気候と家との関係

上の特徴から、個の地域の住宅に求められることはとにかく暖かさが必須で、気温が上がらない夏や外に雪が積もる冬も家の保温性が重要視されています。断熱材やサッシひとつをとっても気密性や断熱性がまったく違い、家を建てる際に重要視されるお客様も増えてきています。

また地域の自然が多いことから自然や街並みに調和するようなデザインが重要になります。当社でも、見た目にも暖かくどっしりとしている外観を希望されるお客様が多く、また内観では吹き抜けや和室といった場所も、新しさの中にもどこか懐かしさや安心感のある住宅づくりを目指しています。構造上ももちろんですがデザインからもぬくもりを感じるということが一つの重要なポイントです。

このように同じ日本でも温度と湿度、その他自然条件により気候や風土は大きく異なります。それと同じように気候・風土に合った快適な住まいづくりが必要となります。

自然や街並みに調和するようなデザイン住宅

私たちが住む地域や風土と上手に付き合って暮らす大事なポイント

日本の気候・温度

家での温度差を感じない快適な空間の実現

東北の寒い冬や夏の暑さを快適に過ごすためには、家の中の気温を外気温にできるだけ左右されないようにする事が重要です。それには、高気密・高断熱の住宅であることが重要です。


いつ起こるか分からない地震災害に対する備え

地震や台風に負けない丈夫な住まいの実現

日本は地震大国です。30年以内にマグニチュード8程度の大きな海溝型地震が起こる可能性は、宮城県沖地震が99%、東海地震が84%と報告されています。ハイチ地震やチリ大地震などで、危機管理が問われています。いつ起こるか分からない地震災害に、家族の生命と財産を守る備えをしっかり考えませんか?


お気軽にお問い合わせください

フォームでのお問い合わせはこちら