ZEHゼロエネルギー住宅_未来の暮らし_「断熱+省エネ+創エネ」を組み合わせることで、暮らしで使うエネルギーをゼロへ。

ヒューマンホームのZEH(ゼロエネルギー)国のエネルギー政策では、2020年に向けてZEHを推進。国のエネルギー政策では、2020年に向けてZEHを推進。 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「断熱+省エネ+創エネ」を組み合わせることで、年間の「一次エネルギー※消費量」の収支がネット(正味)でゼロ以下になる住まいのことです。 政府は2020年を目標に、低炭素化社会に向けて、新築住宅の平均でZEH化を目指しています。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のしくみ

暮らしで使うエネルギーを、住宅の高断熱化と省エネにより減らし、さらに使うエネルギーを創エネでまかない、全体のエネルギー収支を正味ゼロ以下にするのがZEHです。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のしくみ

※「一次エネルギー」とは
発電のために必要な石油や石炭、天然ガス、水力、太陽光など、自然界から得られるエネルギー源のこと。一時エネルギーを加工して作られる電気やガソリン、都市ガスなどは「二次エネルギー」と呼びます。

ゼロ・エネルギー住宅のイメージ

ゼロ・エネルギー住宅のイメージ
HEMS

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。
家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりします。

HEMS
HEMS


通風計画

充填付加断熱工法 スーパーウォールデュアル EX

ヒューマンホームでは、住宅に求められる断熱性能が引き上げられる中で、LIXILは、従来よりさらに断熱性能を高めた充填付加断熱工法「スーパーウォール デュアル」を採用。
少ないエネルギーで暮らすため、ワンランク上の高性能住宅をご提供いたします。

■スーパーウォ―ル デュアルEXの主な特徴
・T100の2倍の断熱性
・外貼り断熱パネルのフルジャストカット対応
・全エリアでHEAT20 G2基準をクリア

スーパーウォ―ル デュアルEX

HEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化 技術開発委員会)が目指す基準及び諸外国の住宅の断熱性能

スーパーウォール デュアルでは、住宅性能の目標値として、HEAT20 G2グレードを目指します。

外皮平均熱貫流率の基準

推奨グレード・基準 地域区分
1 2 3 4 5 6 7
HEAT20 G2 0.28
(1.1)
0.28
(1.1)
0.28
(1.1)
0.34
(1.3)
0.34
(1.3)
0.46
(1.6)
0.46
(1.6)
HEAT20 G1 0.34
(1.3)
0.34
(1.3)
0.38
(1.4)
0.46
(1.6)
0.48
(1.6)
0.48
(1.6)
0.56
(1.9)
ZEH適合基準 0.4 0.4 0.5 0.6 0.6 0.6 0.6
省エネルギー基準 0.54
(1.8)
0.54
(1.8)
1.04
(2.7)
1.25
(3.1)
1.25
(3.6)
1.54
(3.6)
1.81
(3.6)

「HEAT20 外皮性能グレードと住宅シナリオ」(2015年12月改訂版)より ( )内は住宅熱損失係数Q値[W/(m2・k)]に置き換えた場合の想定値
※HEAT20では、Q値の基準は設定されていませんが、スーパーウォールではデュアルにおいても熱損失量の評価が行いやすいQ値も目標設定しています。

HEAT20

より高レベルの断熱化により、ムダなく快適で健康に暮らせる住宅を目指す

住宅の外皮平均熱貫流率(UA値)基準の比較

HEAT20 G2は、青森県の地域区分3地域において、ドイツと英国の中間程度となります。

HEAT20


ヒューマンホーム(株) 今後のZEH普及率目標

平成28年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業ZEHビルダーとして、下記の目標を公開します。

平成28年度 平成29年度
目標
平成30年度
目標
平成31年度
目標
平成32年度
目標
目標 実績
ZEH受託率 25% 0% 30% 35% 40% 50%
Nearly ZEH受託率 0% 0% 0% 0% 0% 0%
ZEHシリーズ受託率 25% 0% 30% 35% 40% 50%
その他の住宅受託率 75% 75% 70% 65% 60% 50%
HEAT20

スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。快適・健康・安心・省エネという観点から、暮らしの質を最高水準にまで高め、その違いを実感していただける「暮らし性能」を追求しています。


省エネルギー施策のロードマップ

国のエネルギー政策の基本的な方向性を示した「エネルギー基本計画」には、業務・家庭部門の省エネ強化策として以下の事項が盛り込まれています。
◇2020年までに新築住宅・建築物について段階的に省エネルギー基準の適合を義務化する。
◇より高い省エネルギー性能を有する低炭素認定建築物の普及促進を図る。
◇2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。
※ハウスメーカー、工務店等が施工する新築戸建住宅の過半数がZEHとなること。

HEAT20

平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH) 」補助金について

国は、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指しており、新築される方がZEHを導入しやすいように補助金を出し、普及を促進しています。
平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH) 」補助金は、定額125万円、蓄電池 5万円/1kW(上限:補助対象経費の1/3または50万円のいずれか低い金額)となっています。

HEAT20

お気軽にお問い合わせください

フォームでのお問い合わせはこちら