施工状況報告ブログ

イベント紹介


2018.02.09 「低炭素住宅 構造&気密見学会」

下長4丁目に建築中の低炭素住宅の構造&気密試験見学会には寒い中にも関わらず5組15人の方が来場され、1階や2階の構造、間取りなど見学説明を聞かれました。又、気密試験の実測にも立ち会いされました。住まいの気密「C値」は数字が小さい程、家の隙間が小さい事を表示します。LIXILの測定担当者が計測した結果「C値0.18」というトップレベルの数値が出ました。45坪の家全部の隙を拾い集めても5.5㎝角の隙間しかない事になり、冬の隙間風の入らない、家全体が暖かく光熱費のあまりかからない家になります…。(C値+断熱とセットでお考え下さい。)ご興味のある方はネットで気密測定している大手ハウスメーカーさんと、「C値」比較してみて下さい。新築時には必ず気密測定をお勧めします…。光熱費に違いが出ますし、シックハウスや換気システムに良好に寄与します。

コメント

コメントを投稿する